燃料タンクサビとり剤

2014年9月10日 admin

燃料タンクサビとり剤.jpgサビの除去と再発防止効果

オートバイなどの鉄製ガソリンタンク

特徴

  • サビの除去とサビの再発防止の効果が得られます。
  • タンク容量10Lの場合は本液1Lが目安となります。
  • 通常の錆取り剤に比べて、黒変しにくく高光沢の仕上がりです。(素材の劣化度により差あり)

使用方法

  • タンク内にガソリンが残っている場合は抜いてください。
  • 車体からタンクを取り外した後、付属パーツ(燃料コック、キャップ、燃料ケージ等)を取り外します。
  • 液漏れしないようにしっかり栓をしてください。(ゴム栓プラスチック方等を使う)
  • タンク内の油分を洗浄・水洗いしてください。
  • 予め燃料タンクの容量と必要な原液の量を把握しておきます。
  • 計算式で出した原液の量をタンク内に入れ、速やかに水を入れ、隙間なくいっぱいにしてください。※水の変わりにお湯(40℃~60℃位)を使用すると効果的です。※洗浄中に液の量が減少した場合は、足し水にて常時いっぱいの状態に保ってください。
  • 5~6時間放置後、サビの除去を確認したら液を抜いてください。※出来れば24時間以内に液を抜いてください。
  • 更にホース等を用いタンク内を水洗いしてください。
  • 新たに20倍希釈溶液満タンにした後、軽くすすぎ液を抜いてください。(サビの発生を抑えます)
  • そのまま乾かす。(水洗いはしない)
  • 完全に乾いたら、火気に注意し、少量のガソリンを入れすすぎ、ガソリンを抜いてください。
  • 安全を確認後(穴が空いていないか等)、車体に取り付けてください。○錆取りが不十分な場合は再度液を戻し、処理をしてください。○錆取り剤のタンクが直ぐ使用しない場合は防錆剤を塗布し、錆の発生を防いでください。

仕様

商品番号 商品内容 希望小売価格
S-2666 1L ※写真 ¥5,000
S-2667 4L ¥19,000
S-2668 18L ¥72,000